緊張で震えるのを抑える薬は市販で買える?

“張で手が震えるとか体が震えるということはよく起こり得ることです。これは過度の緊張感に伴うもので通常はもっと落ち着いた状態にあるはずです。
中には長い間それらを避けたいとは思いながら止まない状況で来ている人も存在し社会不安障害と呼ばれています。国内においてこのような障害に悩んでいる人は約300万人以上いるとされています。感受性の発達する10代の半ばあたりから見られることがあり、その場合に相談にかかる病院の科としては心療内科や精神科がこれに相当するとされています。
これに似た症状としては赤面恐怖症や対人恐怖症、声が震える場面恐怖症、文字を書こうとすると指先が震えて文字が書けない書痙(しょけい)と呼ばれるものも知られています。
緊張は不安が高まって発汗したり手足が震えるとか回りからそのことで変に思われているとかの不安も高まることが多いものです。従ってこのような行動を極力避けて逃避するようにもなります。
この症状の原因として考えられているのは脳内神経物質で精神を安定させる作用のあるセロトニンのバランスが乱れているとか、恐怖や不安に関与する脳内の扁桃体が過剰に反応しているという説があります。
甲状腺機能亢進症が原因になっていることもあり、この場合は血液検査が行われることもあります。
治療法としては薬物療法と認知行動療法という2つの方法が知られています。又、2つの両方が併用されると治療効果も増すと言われています。
薬物療法では社会不安障害の場合は選択的セロトニン再取り込み阻害薬 略してSSRIという薬物が使用されます。これを服用した場合には個人差があり約2週間から8週間でその効果が現れるとされています。但し吐き気や食欲不振などの副作用もあって、他の薬物の場合も長期服用の必要があったり眠気やふらつきなどの副作用があるとされています。市販の薬品はないとされています。
認知行動療法としては回避行動を軽減する療法とされています。認知修正法は自分が周囲から不信感を持たれているのを再考し、確認することからこれを解消する方法です。
社会技術訓練法は社交の場で対人関係の方法を学習して段階的にこれを軽減する方法です。不安対処訓練法は過呼吸を防いだり緊張を和らげる訓練を行うものです。段階的暴露療法は段階的に慣れて回避行動を軽減する方法です。あと集団認知行動療法というものも知られています。これは実際に大勢の人の前で症状を見てもらい周囲から意見を言ってもらったりアドバイスをもらうものでそれで自分自身を改善して行く方法のものです。
日常生活で改善したりやわらげる方法、注意すべき点というものもあげられています。
強い日差しでなく朝日のような柔らかい日光を浴びるのが健康面から見ても望ましいとされています。炭水化物は脳のエネルギー源とされていて、これと共にバランスの良い食事を摂ることが大切とされています。
又、リズムをとったり適度の運動をとることも重要とされています。
薬物に依存するのは良くないと言われていて、又、副作用も全部が知られているとは限らないためにその他の害が存在することも十分に考えられます。
医療機関では薬物療法が行われることも多いものですが、実際はそれが一番好ましい方法と考えられているとは思われないものです。
医師や専門家の意見以外にも民間で知られた療法というものもあります。心理学の書籍を読んでその分析に関係する内容を見つけるという方法も有効ですし、強迫観念が生じると記憶にも差し支えるようになります。そういう場合には休養が必要となります。
劣等感から解放されるとか社会や職場へうまく適応できない、あるいは精神的な安定感を欠いた場合には自律訓練法という方法が知られています。
これは自己催眠とも呼ばれ、腕が重いから始まり、腕が暖かいへと進み、心臓が静かに打っている、呼吸が楽である、お腹当たりに位置するところが暖かい、額の部分が涼しいという全部で6段階をこれが感じられるまで暗示を与えることで雑念が取れて緊張がほぐれ、自律神経のバランスがとれて落ち着いた状態になれるとされています。あがり症とか赤面症にも効果があるとされています。
声が震えるという場合は胸式呼吸を行っている場合によく起こるとされています。この場合息が浅くなりやすく声帯にも近いために声が震えやすくなるとされています。腹式呼吸という鼻から大きく息を吸い込み、下腹で横隔膜の筋肉を使うと強い呼吸となって声も震えることが無くなるとされています。
手足が震える場合は筋肉弛緩法という筋肉をリラックスさせる方法をとるのが効果的であるとされています。その震える場所、例えば手首や足組、首回りなど気になるところを重点的に回すとか揺らすなどの動作を行うと改善されると言われています。
いずれにしても筋肉の緊張が原因になっているものですから少しずつでも緊張をほぐすようにストレッチを行うことをこころがけると良いとされています。